大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

F・ベーコンの肉体の表現と同和問題


 大江健三郎が画家のフランシス・ベーコンを高く評価する理由はどうも同姓愛の性的少数者の問題だけではないようにも思える。

 フランシス・ベーコンが自分の肉体を表現する際にこのような言葉を残している。

「わたしたちは肉である。いつかは死骸になる」

ベーコンは、そう言っていた。この絵を描いた頃のベーコンは30代半ば。画家としては無名であり、そもそも美術の教育など受けたことがなかった。

だが、この絵には確かな感情のほとばしり、「叫び」がある。肉の塊と化した生き物は、それでも大きく口を開け、何かを叫んでいるのである。

「人間の叫ぶということは、こういうことなんだ」

小説家・大江健三郎氏の耳には、ベーコンの叫びが聞こえている。

「一個の人間が叫ぶ。恐怖によって叫ぶ。怒りによって叫ぶ。悲しみによって叫ぶ。その叫び声が、こんなに見事にとらえられている絵はない。しかもこれは美しい」

「僕は美しいと思うんですね。フランシス・ベーコンという人が、戦後から21世紀までの絵の世界を完全にリードした人だということを、いま改めて感じています」

混沌の画家「フランシス・ベーコン」。心をえぐるその美

続きを読む

F・ベーコンと大江健三郎


 大江健三郎が高く評価する画家に20世紀の絵画の巨匠のフランシス・ベーコンがいる。

 フランシス・ベーコンなのだが同性愛の画家であって、人間の狂気を表現しながらも訴えるものが強い作風で現代美術を知っている人ならば避けて通れない重要な画家でもある。


 フランシス・ベーコン(Francis Bacon、1909年10月28日 - 1992年4月28日)は、20世紀のアイルランドを代表する画家。抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた人物である。

 20世紀最も重要な画家の一人で、現代美術に多大な影響を与えた。

 作品は大部分が激しくデフォルメされ、歪められ、あるいは大きな口を開けて叫ぶ奇怪な人間像であり、人間存在の根本にある不安を描き出したものと言われている。

 大きな口を開けて叫ぶ姿は、口を開けた状態の歯がたくさん載った写真集(歯医者向けのものと思われる)や、映画 『戦艦ポチョムキン』 の中で、銃で額を撃たれて叫ぶ老女の姿を参照している。

 フランシス・ベーコン (芸術家)
続きを読む

同性愛の人権に対して理解が鋭い大江健三郎


 大江健三郎は同性愛の問題を積極的に書く作家である。

 最近のレイト・ワークの『水死』でもウナイコという女性の同性愛者が登場するが、大江健三郎は同性愛者ではない。

 結婚した相手は大江ゆかりという女性であって映画監督の伊丹十三とは義兄弟の関係になったわけだけれども、大江健三郎は同姓愛者の人権やジェンダーの問題には積極的な作風の作家だったりする。

 大江健三郎にいわせると同姓愛者の差別事件は部落差別や在日韓国・朝鮮人の民族差別のようなものであって、同姓愛差別にも敏感な作家でもあって、出口がない同性愛者の人の救済のような話を小説でロール・モデルのように提示しているといえばいえる。

 大江健三郎が『性的人間』や『万延元年のフットボール』などでエロチックな性と同姓愛の問題を積極的にテーマにしたのはどうも大江健三郎が性的少数者の人権に敏感で部落差別や民族差別のように性的少数者を排除するのは間違っているし、文学や小説で自分が復権させるのが大切なことだという考えが強いからではないか?

 日本の作家でも谷崎潤一郎や三島由紀夫は同姓愛的なテーマで小説を書いてもいたが、大江健三郎の場合、しこから一歩、踏み出して同性愛者の人権というか左翼進歩派のような筆致で小説を書いてきた作家でもあるのだろう。

 大江健三郎はLGBTのような性的少数者ではない、のだが、LGBTのジェンダー問題には理解を示す優れた作家だと私には思えてもくる。
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ