大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

山崎行太郎が沖縄集団自決裁判の幼稚さを痛烈に批判!

 
 私も最近の大江健三郎批判の低劣な劣化に呆れてついていけない、と思っている。

 昔の大江健三郎批判ならば一定数、大江健三郎の小説の文章は悪文で読みにくい・・・とか、大江健三郎批判でも一定数、政治的発言が好きではない、というにしても、まだ保守右翼もそれなりに余裕というか、しっかり考えを練った上で理性的だったはすだ。

 しかし、最近の大江健三郎批判は『沖縄ノート』事件でもまずは大江健三郎が国賊であって許せないので反日作家であって日本を貶めれば気が済むのか!で暴論を毒を吐くようにいう発言は健全な批判とはいえない。

 佐藤優と山崎行太郎が今の大江健三郎批判に保守右翼サイドから批判を加えていることは評価していいだろう。
 
 佐藤

 まず、月刊日本という、率直に言って、世間では相当コワモテと思われている右翼の理論誌に大江健三郎擁護の論文が掲載されるということ、これが大事なのです。

 日本国家を愛する右翼としての立ち位置から重要と思う原稿は、多少、誤解される危険性が あっても載せる。

 原典にあたって綿密なテキストクリティークを行った山崎さんの分析を読者に伝える必要があると判断した本誌の勇気と洞察力に敬意を表します。

山崎

 まったく同感です。最近、硬直し劣化している保守論壇に颯爽とデビューして大きな風穴を開け、論壇の台風の目になっているのが佐藤優さんなわけですが、私の論も、ささやかながら、そういう保守論壇に風穴を開けるような視点から読まれるとありがたいです。

 ここで、「沖縄集団自決裁判」問題に入る前に、もう一度繰り返しておきますが、私は自分ではずっと保守派のつもりですし、世代的には左翼全盛の全共闘世代 なんですが、当時から私は皮肉交じりに「保守反動派」を自称してきました。

 それは一貫しているつもりです。確かに大江健三郎の文学には高校時代に決定的な 影響を受けましたし、私の文学的、思想的な原点、ないしは出発点に「大江文学」があります。

 しかし大江文学に惹かれはするものの、彼の政治的立場にはまっ たく反対で賛同できません。

 にもかかわらず、今回、「沖縄集団自決裁判」をめぐって、あえて大江健三郎擁護の論文を載せたのは、曽野綾子に象徴されるよう に、保守側の言説や論理が、いわば子供染みたルール違反を犯しているし、しかもそれを支援している最近の保守派や保守論壇の論理がズサンで思想的レベルが 低すぎると思ったからです。

 曽野綾子の誤記・誤読問題に目を向けよ

続きを読む

山崎行太郎の大江健三郎を評価する発言を支持する!


 最近、大江健三郎を暴論のように酷評して国賊・大江健三郎は日本人として許せない!という批判があふれ返っているが保守的で大江健三郎の作品が好きだった、という人も最近の保守言論の劣化には呆れているのではあるまいか?

 自分もこのブログを始めた理由は最近の大江健三郎を酷評する保守右翼言論の低劣なあり方にとても言論とはいえたものではない、という山崎行太郎の一文も知ったからでもある。


p1* 大江健三郎は嫌いではない。いや、僕の文学の原点にあるのが大江健三郎だ。

僕は、三島由紀夫でも石原慎太郎でもなく、大江健三郎を読むことから文学というものを始めた。高校時代、生物の先生(民俗学者としても有名な小野重郎先生…)に「開高健、大江健三郎」を教えられたのである。

その時に読んだ大江健三郎の小説が僕の人生を変えた。

ところで僕は、大江健三郎の政治的スタンスには賛成ではない。しかし左翼全滅のご時世に、孤軍奮闘する姿は尊敬に値すると思う。

僕は、今、流行りの「保守思想家」たちよりも、この頑固一徹の「左翼思想家」の方を高く評価する。思想家や文学者というものはこうでなければ…。元・マルクス主義左翼青年の谷沢永一に『こんな日本に誰がした』という大江健三郎を批判・罵倒したクズ本がある。

谷沢永一が「クズ思想家」であることを証明した駄本である。それにしても「転向保守」の谷沢永一のようなクズ思想家をありがたがる昨今の保守少年よ、わかったか、ワシは、谷沢永一より大江健三郎を尊敬しているぞ。

 大江健三郎も困ったものだが…。まあ、いいか。

続きを読む

大江健三郎を国賊呼ばわりした谷沢永一の考察


 大江健三郎を国賊作家で反日活動に余念なしである!と激しく批判したのは評論家の谷沢永一である。

 保守派の大江健三郎批判で感情論であって大江健三郎が好きな人にいわせれば論議に値しない攻撃的なネトウヨのヘイトスピーチともいえるし、街宣右翼の国賊・大江健三郎に天誅を!とさほど変わらない暴言というか暴論として酷評もしてはいる。


 ところで最近谷沢永一氏の『こんな日本に誰がした 戦後民主主義の代表者 大江健三郎への告発状』(クレスト社)を読んだのだが、大江氏のエッセイや、 ノーベル文学賞受賞時の『あいまいな日本の私』などを引用しながら、大江氏の反日本的な考え方を徹底的に批判している。

 日本人が丸々1冊の本を個人の批判 のために書いたという例は他にもあるが、ノーベル賞受賞者をとことん批判したのは初めてではないか。

 大江健三郎は偉大な作家か

続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ