大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

大江健三郎が大江光の苦しみをラジオで語る。


 作家の大江健三郎といえばノーベル賞作家というイメージもついて回るし、もちろん政治的発言で反日発言でん日本を卑しめたいのか!という怨恨も受けている。

 悪文家の小説家の批判は右翼や左翼からもあるが、一番の苦しみはやはり障がい者の息子の大江光のことだともいう。

 
続きを読む

とりあえず大江健三郎を読んでみたい人へのまとめ


 難しい大江健三郎作品であるが、人によっては初めから好きな作家になってしまったのが大江健三郎という意見もある。

 もちろん大江作品で高学歴で有名大学の文学部の人が理解しやすい、というのもあるが、もちろん偏差値の低いFランク大学で社会福祉などを学んでいて障害者福祉に興味がある、となれば『個人的な体験』を読み終えてドフトエフスキー的な感動、ということも味わった人もいる。

 一律に大江健三郎は高学歴で敷居の高いエリート向け作家、と決め付けるのも早急な話だろう。

 人にとっては難解小説の『同時代ゲーム』がベスト作品という評価もあるし、『同時代ゲーム』は嫌いだが、初期作品の森林冒険談は好きだった、という意見もある。
続きを読む

大江健三郎を偏愛している愛読者の書斎


 大江健三郎といえば悪文で難しい文章が嫌い、という批判が強烈にある。

 もちろん政治的に大江健三郎は憎むべき反日作家であり、日本を貶めていることが嫌いな人は過激な大江健三郎批判を繰り返すのはしょうがない。

 もちろん大江健三郎のリベラルな左翼的発言が好きな人もいるが、どうも大江健三郎の小説は悪文というか難解で好きではないのはいただけない、という意見もある。

 とはいうもののコアで熱心な大江健三郎の小説の愛読者はいるようで『死者の奢り』や『飼育』や『万延元年のフットボール』だけは愛読書でノーベル賞を受賞したのも当然ではないか?という意見は理解できる。

 障がい者の息子の大江光の体験を書いた『個人的な体験』も良作で大江作品の魅力をじわじわ覚えた人は大江健三郎は魅力的な作家と評価して書斎も凝るらしい。
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ