大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

大江健三郎賞を私なりに考える


 大江健三郎賞の最後は『さようなら、オレンジ』に選ばれた。

 専業主婦が書いた作品が最後の大江健三郎賞を飾った優秀作ということになる。


 第8回大江健三郎賞(講談社主催)は岩城けいさん(43)の『さようなら、オレンジ』(筑摩書房)に決まった。受賞作は翻訳され、海外で出版される。同賞は今回をもって終了するという。

 岩城さんは大阪市生まれでオーストラリア在住。今回の受賞作で昨年、太宰治賞を受けてデビューした。


  受賞作はオーストラリアに移り住んだアフリカ移民の女性と日本人女性の交友を通して、言葉の通じない異国で生きる困難と希望を描く。


 大江さんは、文芸誌 『群像』5月号の選評に〈私がいま新しい(若い)書き手たちに示したいと思う規範を、次つぎ達成〉〈かつてこの国の小説になかった人物像〉などと賛辞を連ねた。岩城さんは「無名の新人の本を読んでいただいていること自体が驚きでしたし光栄でした。最上の褒め言葉をいただいた」と、喜びを語った。


 同賞は平成18年に創設。過去1年間に日本で刊行された文学作品を対象に、大江さんが一人で選考してきた。第4回受賞作である中村文則さん(36)の『掏摸(スリ)』は英訳後、米の文学賞候補にも選ばれた。


 最後の大江健三郎賞に「さようなら、オレンジ」

続きを読む

大江健三郎の文化勲章の辞退が批判者を増やした


 大江健三郎の文化勲章の自体は大きく大江健三郎を批判して反日作家で国賊で日本を貶める売国奴の所業であるという敵を作る言動でもあったらしい。

 今まで大江健三郎を知らない人までが大江健三郎の反日ぶりが目に余る!ということで大江健三郎が嫌いになった事件でもあったようだ。


■文化勲章受賞を拒否した大江健三郎氏とは

 本年度のノーベル医学・生理学賞に京都大学の山中伸弥教授が受賞され、先日華やかな 授賞式が執り行われたことは誠に喜ばしく、日本人として誇らしいことであった。テレ ビの映像を見ていると、山中教授の胸には先日受章された橘をかたどった文化勲章が美 しく輝いていた。これを見ていて思い出したことがある。1994年にノーベル文学賞 を受賞した大江健三郎氏のことである。

ノーベル賞受賞者には文化勲章が与えられるこ とが習わしであるが、あろうことか大江はこれを受けなかった。 そしてその理由は「民主主義に勝る権威と価値観を認めない」と勲章そのものを否定して 受章を拒否したのである。一方フランス政府からのレジオンドヌール勲章は受章している。

大江は1935年生れであるから、華々しく「太陽の季節」で芥川賞を受賞して、文壇に 登場した1932年生まれの石原慎太郎氏と同年代で、石原と同じく23歳で芥川賞を受 賞している。

私も文学は大変好きで、注目された大江の作品を何冊か相当忍耐を重ね、 読んだことがあるが、大変難解で理解しづらかった。サルトルの実存主義から強く影響を 受けたといわれているが、門外漢の私にはよく判らない。しかし大江の文体は独特で難解で悪文であるという評価もある。

■ひとりよがりの大江文学の価値は何か

 話を大江のノーベル賞受賞と文化勲章受章拒否に戻したい。

 難解にして独善的な大江の作品にノーベル賞受賞の価値が本当にあるのかどうかは判らないが、 ノーベル文学賞の存在の是非について論議されている昨今、それなりの受賞価値があったのであろう。ただ私見ではあるが文学は一人よがりであってはならない。

 その点私は大江文学に共感できないのである。1994年大江が川端康成氏に続く二人目のノーベル文学賞受賞晩餐会における基調講演は、川端の演題「美 しい日本の私」をもじった「あいまいな日本の私」であった。あいにく手元に両講演の内容がないのでどのようなことを話したかは不明であるが、自分を芥川  賞に推薦してくれた大先輩の演題を、もじるとは真に礼を失しているのではなかろうか。

 一方彼は前述のとおり、戦後の民主主義者である自分は天皇陛下から頂 く文化勲章は受け取れないとして受章を拒否した。彼が民主主義国と思っている中国や北朝鮮にそれに該当する勲章があるのかどうかしらないが、もしそうなら 嬉々として受け取るのであろう。

 余談であるが、文化勲章を辞退した方々は過去大江以外に陶芸家河井寛次郎、洋画家熊谷守一、女優杉村春子の三氏がいる。ご 存じのとおり河井、熊谷両氏は名利に恬淡とした人で、自分はそのような章に値しない、どうかそっとしておいて欲しいというのが辞退の理由。

 杉村氏は、自分 は長生きした、もっと受章にふさわしい方々がおられたのにそれを差し置いては心苦しいとの理由であった。

 いずれも民主主義がどうとか、天皇陛下から頂くの がどうとか政治、思想的なものではなかった。「民主主義的でない日本」、「あいま いな国日本」が嫌いなら自分の理想とするあいまいでない国へ大江氏は即刻亡命されてはどうであろうか。

 2012年12月19日 「大江健三郎論」
続きを読む

大江健三郎は反日作家という批判がノーベル賞以後、過熱!


 ブログで大江健三郎批判が先鋭化している。

 文化勲章を辞退して日本の皇室を冒涜するような挑発的な行動に出た大江健三郎はノーベル文学賞は受賞して反日売国活動に余念なし!

 だから国賊は大江健三郎の意見はノーベル賞を受賞してから意見としては強くなっている。

 『プライド』という東日本ハウスの右翼映画で東条英機を演じた俳優の津川雅彦が大江健三郎の反日な態度が許せない!と激しい批判を浴びせて賛同者が多い。


『尖閣諸島も竹島も、日本の侵略が背景にあり、反省すべきは日本だ』と発表し!
日本の歴史をねじ曲げ!中韓に媚びた!

喜んだ韓国は
新聞全紙が社説で取り上げ!
『自国の侵略主義を叱る日本の知性』と歓迎した!

その「日本の知性」とおだてられ!
ほくそ笑んでいるのは大江健三郎を初め、
元長崎市長の本島、
日刊紙「世界」の元編集長岡などの
エセ文化人たち
約1200人だ!
彼ら胡散臭い連中が。東京で発表した声明がこれだ!

大江健三郎ら反日分子が

続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ