大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

三島由紀夫の自決を批判していた赤尾敏


 三島由紀夫の自決は右翼陣営から憂国の義挙として高く、評価されて今も『憂国忌』が続いている。

 大江健三郎にとっては三島由紀夫の自決は最も忌み嫌うテーマであるのだが、実は大日本愛国党の総裁の赤尾敏もまた三島の自決には否定的な見解でバカなことだ!と酷評もしてもいる。


「そんなもの問題にならんよ! 何もないじゃねえか。右翼という看板だけで。君たちは何も知らないんだよ、中身は何もありゃせんよ。三島由紀夫君が腹を 切って死んだろ? あんなことが一番偉いと思ってんだ。何も偉くないっ! 腹切って死んで国が救えるか。そうでしょう。俺が腹切って死んだら、共産党が喜 ぶだけだよ。生きて戦わなきゃいかんじゃないか。レーニンが腹切ったら、ロシアの革命は成功してないわ。あいつらはどんな苦労をしてでも、戦って、敵をつ ぶして、政権をとったんだ。その信念と執念がなくちゃ、成功しないよ。三島なんかバカだよ!」

救国のキリストか銀座のドンキホーテか



続きを読む

井上ひさしと大江健三郎と学歴


 井上ひさしとえば大江健三郎の盟友でもあった。

 大江健三郎も被爆者問題で井上ひさしを尊敬していたし、井上ひさしも大江健三郎の作品を尊重していて『同時代ゲーム』が悪文で理解できない小説を書いたということで酷評されても励ましてもいたのだろうか?ととも思えてもくる。

 大江健三郎が『同時代ゲーム』で難解な四国の小国家が中央政府に圧殺される話を書けば、井上ひさしが『吉里吉里人』で分かりやすく同じような日本の独立国家の自治国家を書いて崩壊するような話を分かりやすく長編小説で書く。

 大江健三郎と井上ひさしは文学上の仕事では相思相愛だった。続きを読む

三島由紀夫の自決と大江健三郎の激しい拒絶


 大江健三郎の三島由紀夫嫌いは衰えそうにない。

 レイトワークな大江健三郎も三島由紀夫の憲法改正の市ヶ谷駐屯地のクーデターは激しく、機会があるごとに批判してばかりいる。

 昔は大江健三郎も三島由紀夫が右傾化する前にはそれなりに東大作家の仲間ということで評価もしていたのだろうが、大江健三郎が左傾化すると、もはや三島由紀夫は激しい嫌悪の対象でしかなく、絶えず三島は右翼でり、戦後民主主義を破壊するファシストとしか思っていない辛らつな批判を加える。

 では、大江健三郎にとってなぜ三島由紀夫は嫌悪の対象なのか?

 その辺を考えてみると右翼的な自決の方法が大江健三郎にとっては激しく、天皇制とか『沖縄ノート』の集団自決のような狂気というか、許せない行為なのだろう。

 日本の軍人とか右翼でも自決ということで最後に華やかな自殺で自分を美化するような風潮を大江健三郎は激しく嫌悪する作家だと私は思うことがある。
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ