大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

江藤淳と大江健三郎と三島由紀夫


 大江健三郎を始めに高く評価したのは保守派の評論家の江藤淳である。

 江藤淳も元々はリベラルな保守派であって大江健三郎の作品には共鳴もしていて、優れた理解者ではあったが、60年安保や『万延元年のフットボール』の評価をめぐり、対立するようになってからは関係が疎遠になったというべきだろう。

 江藤淳は日本の保守思想に共鳴していたが、右翼とか極右とは程遠い人物であった。

 全共闘の騒ぎを『革命ごっこ』と痛烈に批判する一方で、三島由紀夫の自決を『軍隊ごっこ』と痛烈に批判して、三島由紀夫の楯の会の自決には狂気の沙汰であって評価できない、と厳しい視点で終始、批判的だった。

 江藤淳も『産経新聞』などに憲法改正のオピニオンは主張していたのはしていたが、どちらかというと冷静な憲法改正論者であって扇動者のような憲法改正論者ではなかったと思う。

 清水幾太郎が性急な核武装論者で左翼から猛批判を浴びたが、江藤淳も極右的な核武装論などには終始、批判的だったのだろう。

 元々、江藤淳も大江健三郎と同じように反安保でリベラル左翼な立場から文芸活動をしていて『夏目漱石論』などで優れた仕事もしていたのだが、60年安保が行き詰ると保守派の現実こそが正論だという立場を支持して、だんだんと大江健三郎には批判的になっていったようだ。

続きを読む

永井荷風と文化勲章と周囲の批判


 永井荷風が文化勲章を受章した際に日本人の多くは辞退すると思っていたらしい。

 戦前の永井荷風の日記文学では軍人批判や戦争批判も多く、反戦主義者でもあった永井荷風は天皇制を嫌っているのではないか?という話もあったし、墨田川界隈の被差別部落や在日朝鮮人の居住区に愛着も感じることが多かった永井荷風が文化勲章は自然と拒否するのはないか?と思っていたのだが、本人は受け取ってしまったという。


──「わたくしは老後に児孫のない事を以て、しみじみつくづく多幸であると思わねばならない」

戯作者に徹すると宣言して、「風教に害のある反社会的な小説」ばかり書いてきた永井荷風が、文化勲章をもらったと聞いて、首をひねる文壇関係者が多かっ た。伊藤整は、新聞に載っている文化勲章を首にぶら下げた永井荷風の写真を見て、「哄笑」を禁じ得なかったと云っている。伊藤整ばかりではない、多くの作 家も反骨精神の権化だった荷風だから、当然、文化勲章を辞退するものと思っていたのである。

しかし荷風が文化勲章をありがたく拝受したのは、純粋に合理的な理由からだった。勲章と一緒に国から与えられる年金が欲しかったのだ。戦後のインフレで所 有している株券も預金も紙くず同然になった上に、戦災で偏奇館を焼失して親戚や知人の家に間借りしていた永井荷風にとって、年金は今後の経済生活を保障し てくれる貴重な「財源」と感じられたのだ。

戦後になって荷風の作品が再評価され、原稿依頼が殺到し、印税も次々に流れ込んできたけれども、万事に用心深い彼は、これらに加えて更なる金銭的な保証を求めていたのである。

永井荷風のひとり暮らし(その3)
続きを読む

永井荷風と大江健三郎とフランス文学


 作家の永井荷風も変人で好き嫌いが激しい作家の一人である。

 永井荷風も好きな人は好きで偏愛するが、嫌いな人は永井荷風を大江健三郎や太宰治を毛嫌いするように嫌いな作家と批判する人もまた多い。

 独居老人の変態趣味で70歳になっても浅草のストリップで女のエロスに耽溺した永井荷風の態度は自堕落人間で欲望の塊で大江健三郎の『性的人間』の老人版でもあるようだ。

 永井荷風も人間嫌いがひどく、困った偏屈者でもあったらしい。

 昔から永井荷風のスキャンダルというのは多く、自分の全財産をボストンバックに詰め込んで盗まれて騒ぎになったり、文化勲章を永井荷風がもらった時も何で永井荷風のようなふざけた作家に渡すのか?で伊藤整なんかは毛嫌いしていたという。

 奇人変人の老人といえば永井荷風で石川淳も嫌っていた永井荷風なのだが、実は大江健三郎が好きなフランス文学の根っこも有していたりもする。
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ