大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

ノーベル賞の王政と文化勲章の天皇制の根


 大江健三郎が大嫌いだ!という批判がノーベル文学賞を受賞した大江健三郎はスウェーデンの王政というか立憲君主制の王政からばノーベル文学賞をもらうくせに、日本の天皇制からは戦後民主主義の否定に通じることは作家の心情で否!とする大江健三郎の態度であった、と思う。

 ヨーロッパの君主制や王政に媚びへつらって、日本の天皇制は軽蔑する大江健三郎の態度は国賊作家とか反日作家の正体見たり!でヨーロッパの君主制は認めたくせに、日本の天皇制は差別する態度が許せない。

 ということで右翼民族派や保守派は大江健三郎こそ差別意識の持ち主ではないか、ということで批判を加えたことも自分は知っている。

 同じノーベル文学賞の川端康成はスウェーデン王室も日本の皇室も対等というか平等であってノーベル文学賞も文化勲章も受章して日本を愛した作家であるのに、大江健三郎は日本を愛しているのではなくて、日本を貶める差別思想の持ち主ではないか?

 一気に大江健三郎はノーベル文学賞の影響で世界が注目する作家になったのだが、反面、日本では多いに敵も作ってしまったことは否定できない。

続きを読む

大江健三郎と太宰治が作家で好き嫌いが激しい理由


 大江健三郎が作家で政治的な発言の影響や悪文のせいで好き嫌いが激しい作家になっているのは自分も知っている。

 同じような作家といえばふと思いつくのが太宰治。

 何かちょっと状況が似ている・・・と思ったのだが、作家で好き嫌いが出るのはしかたがないのか?とも思う。

 三島由紀夫が太宰治に関して嫌いだ!と本人の前でいったという話は有名で川端康成も太宰治は嫌っていて芥川賞を落とされた腹いせに太宰治が短く『殺す』と表現したことは有名だったりする。

 太宰治も川端康成に芥川賞を落としたのが気に入らない!といって食ってかかる幼稚な性格だったので嫌いな人は太宰治は永遠の子どもな中二病作家ということで低評価なのだろう、とは思うのだが。

 大江健三郎も左翼な人なので太宰治が戦前、日本共産党の左翼運動に関与したことは知っているとは思うが、余り影響は受けたようには思えない。

 大江健三郎も太宰治に関しては嫌い?なのか・・・と思ってしまう。
続きを読む

大江健三郎の『同時代ゲーム』は成功作か?失敗作か?


 大江健三郎の小説に『同時代ゲーム』という恐ろしく意味不明で難解な小説がある。

 人によってはトラウマのような感じで今も嫌いな小説で大江健三郎の悪文を象徴する駄作と称していい感情をもたない読者も多い。

 『死者の奢り』や『飼育』や『個人的な体験』の大江健三郎作品は好きだが、きっぱり、大江健三郎の作品で『同時代ゲーム』だけは嫌い!と批判的な駄作と考える大江健三郎の愛読者もいるようでもある。

 冒頭は大江健三郎からの手紙のように妹よ・・・で始まるが恐ろしく難解な文章で大江健三郎の世界の成り立ちとか、神話が語られていくのだが、読んでいて投げ出したくなる。  

 第一の手紙 メキシコから、時のはじまりにむかって  妹よ、僕がものごころついてから、自分の生涯のうちいつかはそれを書きはじめるのだと、 つねに考えてきた仕事。いったん書きはじめれば、ついに見出したその書き方により、迷わず書きつづけるにちがいないと信じながら、しかしこれまで書きはじめるのをためらってき た仕事。それを僕はいま、きみあての手紙として書こうとする。
  
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ