私も最近の大江健三郎批判の低劣な劣化に呆れてついていけない、と思っている。

 昔の大江健三郎批判ならば一定数、大江健三郎の小説の文章は悪文で読みにくい・・・とか、大江健三郎批判でも一定数、政治的発言が好きではない、というにしても、まだ保守右翼もそれなりに余裕というか、しっかり考えを練った上で理性的だったはすだ。

 しかし、最近の大江健三郎批判は『沖縄ノート』事件でもまずは大江健三郎が国賊であって許せないので反日作家であって日本を貶めれば気が済むのか!で暴論を毒を吐くようにいう発言は健全な批判とはいえない。

 佐藤優と山崎行太郎が今の大江健三郎批判に保守右翼サイドから批判を加えていることは評価していいだろう。
 
 佐藤

 まず、月刊日本という、率直に言って、世間では相当コワモテと思われている右翼の理論誌に大江健三郎擁護の論文が掲載されるということ、これが大事なのです。

 日本国家を愛する右翼としての立ち位置から重要と思う原稿は、多少、誤解される危険性が あっても載せる。

 原典にあたって綿密なテキストクリティークを行った山崎さんの分析を読者に伝える必要があると判断した本誌の勇気と洞察力に敬意を表します。

山崎

 まったく同感です。最近、硬直し劣化している保守論壇に颯爽とデビューして大きな風穴を開け、論壇の台風の目になっているのが佐藤優さんなわけですが、私の論も、ささやかながら、そういう保守論壇に風穴を開けるような視点から読まれるとありがたいです。

 ここで、「沖縄集団自決裁判」問題に入る前に、もう一度繰り返しておきますが、私は自分ではずっと保守派のつもりですし、世代的には左翼全盛の全共闘世代 なんですが、当時から私は皮肉交じりに「保守反動派」を自称してきました。

 それは一貫しているつもりです。確かに大江健三郎の文学には高校時代に決定的な 影響を受けましたし、私の文学的、思想的な原点、ないしは出発点に「大江文学」があります。

 しかし大江文学に惹かれはするものの、彼の政治的立場にはまっ たく反対で賛同できません。

 にもかかわらず、今回、「沖縄集団自決裁判」をめぐって、あえて大江健三郎擁護の論文を載せたのは、曽野綾子に象徴されるよう に、保守側の言説や論理が、いわば子供染みたルール違反を犯しているし、しかもそれを支援している最近の保守派や保守論壇の論理がズサンで思想的レベルが 低すぎると思ったからです。

 曽野綾子の誤記・誤読問題に目を向けよ

 私も大江健三郎の政治的発言で色々、大江が日本批判や憲法擁護の発言をしていることは作家的良心もあると信じるし、作家には言論の自由もあると信じる。

 しかし、保守的な立場で大江健三郎の政治的な日本批判には納得できないが、大江健三郎の文学作品は好きだ、という人まで敵に回すような極右的発言の洪水ではどうも肩身が狭いのではないだろうか?

 『洪水は我が魂に及び』の終末イメージではないが、最近の大江健三郎批判の右翼というか保守の側からの低劣な攻撃は良くない発言が多すぎているといわざろうえない。

 作家の曽野綾子がどうも大江健三郎を批判してさながら在りし日の谷沢永一のような体たらくであったのだが、なんとも情けない批判であり、よくよく考えてみれば批判にもなっていない『沖縄ノート』事件ではあるまいか?

 昔の江藤淳が保守派で大江健三郎の政治的発言や文学的発言を批判もしたが、曽野綾子ほど劣化していたわけではないし、保守派の大江健三郎批判もまた筋が通っていたが、どうも今の保守右翼はネット右翼の在特会と五十歩百歩と見下されてもしかたがないだろう。

 結局、裁判では大江健三郎と岩波書店が勝利して、大江健三郎の評価が高まって、キリスト教右翼作家の曽野綾子の作家生命を落としかねない愚劣な事件であった。

 想像力の欠如した言論人 曽野綾子の低劣な発言を批判する!

 太宰治は戦後、保守は反動にあらず!と戦前の保守派が戦後、共産主義ににわか左翼になったことを批判していた。

 時局便乗の保守右翼もまた大江健三郎叩きで『沖縄ノート』の事件に便乗して愚論で失言という無残な姿であったようだ。

 山崎行太郎の『沖縄ノート』で大江健三郎を擁護して『月刊日本』に掲載して自分の主張を正論で発言したのはまともな発言として評価されてしかるべきだ。