永井荷風が文化勲章を受章した際に日本人の多くは辞退すると思っていたらしい。

 戦前の永井荷風の日記文学では軍人批判や戦争批判も多く、反戦主義者でもあった永井荷風は天皇制を嫌っているのではないか?という話もあったし、墨田川界隈の被差別部落や在日朝鮮人の居住区に愛着も感じることが多かった永井荷風が文化勲章は自然と拒否するのはないか?と思っていたのだが、本人は受け取ってしまったという。


──「わたくしは老後に児孫のない事を以て、しみじみつくづく多幸であると思わねばならない」

戯作者に徹すると宣言して、「風教に害のある反社会的な小説」ばかり書いてきた永井荷風が、文化勲章をもらったと聞いて、首をひねる文壇関係者が多かっ た。伊藤整は、新聞に載っている文化勲章を首にぶら下げた永井荷風の写真を見て、「哄笑」を禁じ得なかったと云っている。伊藤整ばかりではない、多くの作 家も反骨精神の権化だった荷風だから、当然、文化勲章を辞退するものと思っていたのである。

しかし荷風が文化勲章をありがたく拝受したのは、純粋に合理的な理由からだった。勲章と一緒に国から与えられる年金が欲しかったのだ。戦後のインフレで所 有している株券も預金も紙くず同然になった上に、戦災で偏奇館を焼失して親戚や知人の家に間借りしていた永井荷風にとって、年金は今後の経済生活を保障し てくれる貴重な「財源」と感じられたのだ。

戦後になって荷風の作品が再評価され、原稿依頼が殺到し、印税も次々に流れ込んできたけれども、万事に用心深い彼は、これらに加えて更なる金銭的な保証を求めていたのである。

永井荷風のひとり暮らし(その3)
 永井荷風が文化勲章を受章したのは戦後の混乱期で金銭的な不都合が生じたのが理由だったらしいのだが、伊藤整などはそれこそ大江健三郎がノーベル文学賞を受賞したのが気にいらないように批判しているのだから昔から永井荷風の人生というか態度には批判がつきまとう作家だったらしい。

 もちろん永井荷風も文化勲章を受章して得た金で70歳になっても浅草6区のストリップ劇場でエロチックな性的人間の老後の青春で女性に囲まれて快楽生活、となれば文化勲章を返上すべきだ!という批判もまた絶えなかったのだろう。

 永井荷風も大江健三郎な反日作家の手先でさんざん戦前は軍部を日記文学で批判していた体たらくであったが、いざ、金が欲しいとなると敵だった天皇制にすり寄るように文化勲章を受章してその金をまた浅草で女遊びにつぎ込む自堕落生活だったらしく、周囲はいつも永井荷風がまたやらかした!という酷評であふれ返っていたらしい。

 大江健三郎もノーベル文学賞を受賞した際に国賊作家で大江健三郎は嫌いになったの批判があふれ返っていたが、永井荷風も文化勲章を受章した際に一体、なぜ彼に文化勲章をやるのか?という批判が逆巻いたのだろう。

 大江健三郎がノーベル文学賞を受賞した一方で反日発言を繰り返して日本を貶める言動をとるならばノーベル文学賞を返上したらいいではないか?といわれたみたいに文化勲章を受章しても女遊びが70歳にもなってやめられない永井荷風は文化勲章を貶めるような国賊ではないか?という批判が当時の世相ではなかったのだろうか?

 大江健三郎もフランス文学を専攻していて永井荷風のことはもちろん知っていたし、影響も受けていて『性的人間』のアイディアにも永井荷風の影響はあったらしい、とみるべきだろうが、永井荷風の文化勲章の周辺の事情は知っていたのか?と思う。

 昔から永井荷風の偏屈趣味というか奇人変人や被差別部落や在日朝鮮人に共鳴する態度が嫌いだったり、女遊びや親の遺産を相続しても働かないで作家仲間との付き合いを避けていた態度は嫌悪の対象だったらしいが、その一方で永井荷風の人生を高く評価して大江健三郎のような価値観をちょっと見出す人もいるのだから恐れ入る。

 権力に対してロックン・ロールのような反抗心もあったが毀誉褒貶で敵も多かった永井荷風も文壇やジャーナリズムでは嫌われ者であったが、その一方で永井荷風の作品を反戦思想のように評価して愛していた読者も昔からいたのは事実だろう。

 もしかしたら大江健三郎も永井荷風のことは尊敬もしていたのか?と我ながら思ってしまった。