大江健三郎を始めに高く評価したのは保守派の評論家の江藤淳である。

 江藤淳も元々はリベラルな保守派であって大江健三郎の作品には共鳴もしていて、優れた理解者ではあったが、60年安保や『万延元年のフットボール』の評価をめぐり、対立するようになってからは関係が疎遠になったというべきだろう。

 江藤淳は日本の保守思想に共鳴していたが、右翼とか極右とは程遠い人物であった。

 全共闘の騒ぎを『革命ごっこ』と痛烈に批判する一方で、三島由紀夫の自決を『軍隊ごっこ』と痛烈に批判して、三島由紀夫の楯の会の自決には狂気の沙汰であって評価できない、と厳しい視点で終始、批判的だった。

 江藤淳も『産経新聞』などに憲法改正のオピニオンは主張していたのはしていたが、どちらかというと冷静な憲法改正論者であって扇動者のような憲法改正論者ではなかったと思う。

 清水幾太郎が性急な核武装論者で左翼から猛批判を浴びたが、江藤淳も極右的な核武装論などには終始、批判的だったのだろう。

 元々、江藤淳も大江健三郎と同じように反安保でリベラル左翼な立場から文芸活動をしていて『夏目漱石論』などで優れた仕事もしていたのだが、60年安保が行き詰ると保守派の現実こそが正論だという立場を支持して、だんだんと大江健三郎には批判的になっていったようだ。

  当初は『死者の奢り』を高く評価していた江藤淳も『万延元年のフットボール』の評価で大江健三郎の作品や天皇制批判に疑問符を投げかけるようになっていく。

 もちろん江藤淳は大江健三郎の作品は全否定するような人格攻撃をしたわけではないし、今でいうネトウヨが大江健三郎は国賊であり、反日日本人の頭目であって許せない作家ということはもちろんいわなかったのだが。  

 江藤淳も当初は大江健三郎の作品を『思想を表現する文体』と高く評価していたが、これほど偏狭で苛立たしげな文章の書き手に豹変したと批判するようになったり、天皇制を諸悪の根源のように絶対悪のように書き立てることに違和感もまた感じるようになったのだろう。

 「文反古と分別ざかり」の中で江藤氏は次のように述べる。

 どうして大江氏が、これほど偏狭で苛立たしげな文章の書き手に変ったのだろうと、自問せざるを得ないというのである。たとえば「世界」の昨年十二月号に載った『文学は戦後的批判を超えているか』というエッセイで、氏は次のようにいっている。

 しかし、昨年末における大江氏は、むしろ「日本人の一人ひとりが、自由に天皇のイメージをつく」ってはいけないと、主張している。氏は、ここでは、天皇に 「関心」と「敬愛」を示す日本人を、すべて「ドレイ」どもと規定しているからである。現行の憲法ですら、少なくとも日本人に、天皇に「関心」と「敬愛」を 示す自由を認めているというのに、その自由を奪う権力を、いったい大江氏は誰からあたえられたというのだろうか?

 江藤淳氏による大江健三郎氏批判


 一方、大江健三郎もかつて自分を高く評価した江藤淳に関して余り自分から語らないたがらない状況が続いている。

 大江健三郎が江藤淳が自分の初期短編小説を支持したのは6ヶ月だけの蜜月だった、というのだから本人自身は江藤淳のことをむしろ忘れたがっているのではあるまいか?

2007年のインタヴュー(『大江健三郎 作家自身を語る』)で、大江は「同じ年代で、少し早めに仕事を始めていた若い者たちが、あいつの顔知ってる、名前も知ってるという感じで集まったわけですから。一緒の仲間ではあったけれども、私や武満徹さんのように自分の仕事はまっすぐやっていく、現実政治に対し ては批判的な立場に居続ける、現実を動かしていく中心の力になるよりは周縁、はみ出したところにいる人間として表現し続けていくという仲間と、そうでない 人たちとに、はっきり分かれて行ったと思います。」

 「『安保批判の会』から三十年たっていた一九九〇年頃には、保守政党の指導者たちにとって都合のいい、しかも頼りになる理論家として、たとえば江藤淳という評論家がしっかりした足場を得ていた。」                                                         

  「もともとかれは中心にあるべき資質の人で、反・安保の言動をした一時期が、まったく例外的なものでしたから。私の小説を江藤淳が強く支持してくれたのは、私の出発時から六ヶ月のことでしたが、その間私はかれの書くものはすべてよくわかると考え、しかしすぐにもこういう良い関係は終わる、とも予感してい ました。/・・・私と江藤淳が理解関係を持っていたのは、本当に最初の六ヶ月だけでした。」                                                                                                             
 あの時、「もう子供ではなかったのである」と書いた江藤淳は、1962年にロックフェラー財団のお金でアメリカ留学しエスタブリッシュめざしてひたすら上昇していった。大人か子供かではなく、中心か周縁かで考える大江とはすれ違うばかりだったろう。

 権力か非権力かと言っても同じことである。大江は、この時 代を振り返るときに、同年代の文学者としては、一方で井上ひさし(1935年生れ)を常に称揚し、周縁、非権力の志を喚起する。ここに現代文学における 「非国民」が佇んでいる。

 大江は、他方で江藤淳についてわずかだけ語る。露骨な権力主義者・石原慎太郎については、文学という面では、当然のことながら語らない。

 大江健三郎を読み直す(7)周縁の人間として表現し続ける

 江藤淳も大江健三郎には批判的になったのだが、反面、三島由紀夫に好意的だっかのか?といえばそのようなこともなく、三島由紀夫の楯の会の民兵組織の行動をばかげた『軍隊ごっこ』といって批判的だったので懐疑的な立場の冷静な保守派だったのだろう。

 江藤淳に関していえば夏目漱石のような冷静な保守派に近かったのだろう。

 江藤淳は憲法改正論者ではあったが極論を避けていて不思議と左翼でも読者は意外と多く、夏目漱石論では江藤淳の名前はイデオロギーを超えて不動のカリスマであったことは認めざろうえない。

 三島由紀夫の自決に対して愚かな自殺であって三島の行動は間違っていたと江藤淳は批判していたが、晩年、妻を失ってからは病魔の果てに遺書を残した自殺という悲劇が彼を蝕んでいた。

 大江健三郎ももちろん江藤淳の自殺は知っていたのだが、今もあえて語らない状況が続いていて露骨に大江健三郎が江藤淳を毛嫌いしているわけではないが、レイト・ワークで筆を進めない状態ではあるらしい。

 大江健三郎が再び江藤淳を語る日はくるのだろうか?