大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

ノーベル賞

ノーベル賞の王政と文化勲章の天皇制の根


 大江健三郎が大嫌いだ!という批判がノーベル文学賞を受賞した大江健三郎はスウェーデンの王政というか立憲君主制の王政からばノーベル文学賞をもらうくせに、日本の天皇制からは戦後民主主義の否定に通じることは作家の心情で否!とする大江健三郎の態度であった、と思う。

 ヨーロッパの君主制や王政に媚びへつらって、日本の天皇制は軽蔑する大江健三郎の態度は国賊作家とか反日作家の正体見たり!でヨーロッパの君主制は認めたくせに、日本の天皇制は差別する態度が許せない。

 ということで右翼民族派や保守派は大江健三郎こそ差別意識の持ち主ではないか、ということで批判を加えたことも自分は知っている。

 同じノーベル文学賞の川端康成はスウェーデン王室も日本の皇室も対等というか平等であってノーベル文学賞も文化勲章も受章して日本を愛した作家であるのに、大江健三郎は日本を愛しているのではなくて、日本を貶める差別思想の持ち主ではないか?

 一気に大江健三郎はノーベル文学賞の影響で世界が注目する作家になったのだが、反面、日本では多いに敵も作ってしまったことは否定できない。

続きを読む

川端康成の自殺と大江健三郎の立場


 ノーベル賞作家で日本で始めて受賞したのは川端康成である。

 川端康成はガス自殺の悲劇で三島由紀夫の自決に衝撃を受けて手がつかなかった精神状態でもあったらしい。

 同時代の文学の出来事となれば三島由紀夫の自決と川端康成の自殺というのは衝撃を受けた人は多かったように思う。

1968(昭和43)年にノーベル文学賞受賞以降は小説らしい小説をほとんど発表していなかった川端康成は、1970(昭和45)年の三島の自刃直後の現場を目の当たりにして以来、しばらく床に伏せるなどを繰り返していたが、それまで見られなかった言動をするようになり、1971(昭和46)年4月の東京都知事選では秦野章候補の応援弁士に立ち、美濃部都知事を激しく攻撃するなどもしていた。

1972(昭和47)年4月16日、川端は鎌倉の長谷の自宅に岡本かの子全集の推薦文を書きかけのままで外出、14:40、自宅から100メートルほどの海岸通からタクシーで1月7日に買ったばかりの逗子の小坪にあるマンションへと向かった。15:00には逗子マリーナクラブハウスに到着、4階の自室へと上がり、水割りを少し飲んだ後、17:30に布団をすっぽりかぶって、長さ1.5メートルのガス管をくわえ、18:00に絶命した。

22:05、マンションの警備員が川端の自殺を発見、マンション住民のガス臭いという苦情でマンション中を調べたが、その時には川端の部屋まで調べておらず、川端の長谷の家のお手伝いから連絡が入り、川端がマンションに在室かどうかを確認する際にわかったのだという。

玄関にドアチェーンがかかっていたが、ガス臭がしたためにチェーンを切断して川端が発見された。 川端は三島の自刃、都知事選の応援など以外でも10月に京都で予定していた日本ペンクラブ主催の日本学シンポジウムの準備に奔走、睡眠薬を多用して疲れきっている様子であったという。

川端康成自殺 1972(昭和47)年4月16日

続きを読む

大江健三郎はノーベル平和賞を受賞する野心家なのか?


 大江健三郎はともかくノーベル平和賞を次に欲しい邪悪な野心があるので反原発とか平和憲法を守れ!と9条の会で護憲運動に熱心で懲りない老害だという批判も日増しに増えている。

 大江健三郎は売名行為に長けたとんでもない野心家という話がネットでは極めて多い。

 本当にそうなのだろうか?続きを読む

大江健三郎が川端康成のように自殺はありえない


 大江健三郎がノーベル文学賞を受賞しても批判の声が逆巻き、どこまで日本を貶めれば気が済むのか!という怨念がネットですさまじい。

 ああいえば上祐・・・みたいに大江健三郎が何か発言すれば反日三昧の大江健三郎の売国奴ぶりが良くわかるではないか、のネット民も声の批判。

 その一方で日本人で初めてノーベル賞を受賞した川端康成に対しては批判の声は少ない。

 むしろ文化勲章を受章してノーベル文学賞を受賞した川端康成が日本人として良識もあるのではないか?という意見もあって大江健三郎は川端康成を見習え!という批判もある。

 しかし、日本で始めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の晩年は自殺という悲劇に満ちてもいた。
続きを読む

大江健三郎のノーベル賞受賞の予言した川端康成の慧眼


 日本のノーベル文学賞受賞者の名誉ある第一号は『雪国』の川端康成である。

 川端康成はノーベル賞受賞の際の公演で『美しい日本の私』という公演をして、保守派や愛国者からも好感度は高い作家でもあるのだろう。

 もちろん文化勲章も辞退せずに愛国者であって日本の作家では評価が高いだろうとは思う。

 川端康成の『雪国』も大江健三郎の悪文より、川端康成の女性の美しい化粧術のような名文という評価も定まってもいるようでもある。

 しかし、意外なことに分かりやすく、美しい名文を書く日本の大衆作家に近い作風の川端康成が三島由紀夫より、大江健三郎こそがノーベル賞作家になる可能性があるということを予測していたという。

 
昭和33年第39回芥川賞受賞作です。

大江健三郎はご存知のようにノーベル文学賞受賞者です。この人が受賞したことにおそらく誰も異議はとなえないのでは ないでしょうか?とにかく恐ろしいほどの実力の持ち主です。

えしぇ蔵は個人的には日本文学史において、三島由紀夫と大江健三郎の二人はちょっと群を抜いて いるのではないかと思っています。

余談ですが、川端康成がノーベル文学賞を受賞した際、お祝いに駆け付けた三島由紀夫に対して記者が「次は三島さんです ね」と言ったのに対し「次は大江君だよ」と答えた話は有名です。

当時大江健三郎はまだ33歳です。いかに早くから類稀な才能を開花させていたかがわかりま すね(またその才能の将来を見抜く三島由紀夫の慧眼にも驚きます)。

そんなすごい人は最初からすごい作品を書いているわけで、この作品の芥川賞受賞は23 歳の時です。

大江健三郎 「飼育」

続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ