大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

在特会・ヘイトスピーチ

ヘイトスピーチから考える大江健三郎批判


 最近のヘイトスピーチは過激化している。

 ブログで日教組批判や『朝日新聞』批判や日本共産党批判では飽き足らない。

 大江健三郎批判で大江健三郎は文化勲章を辞退した悪文家であって国賊であって皇室を貶めて反日ばかりで日本の悪口をいうだけで許せないが、もっと許せないのが在日特権で日本を支配する在日朝鮮人である!

 ということで新大久保にまでネトウヨが出てきて在日特権を許すな!で愛国者宣言でヘイトデモ。

 さすがに大江健三郎を国賊と批判しているような右翼からもこれではいただけない、と思っているのはもちろんあるだろう、とは思う。

 ――正直、どっちもどっちではないかと…


 下品な言葉遣いの中心にいると自覚してますけど、彼らは外国人というだけで「出て行け」と叫ぶ。全然違うと思っています。


 人間って、暴力的なものを本能的に持ち合わせていると思うんです。彼ら、ヘイトのコールをすると、快感らしいんですね。ただ、こっちは差別をしている個人に絞って「差別をやめろ」と罵倒しているのであって、属性への罵倒ではない。


 ――なぜ右翼の山口さんが、「ネット右翼」とか「ネトウヨ」と言われる在特会のデモに反対するんですか?


 あれは愛国者じゃないでしょ。人の痛みも考えられない差別主義者は真の右翼ではない。日本が大好きで誇りに思っているなら、なぜ他の人に配慮できな いのか。


 在日コリアンもニューカマーも日本を好きでいてくれて、そこで商売しているのに、罵倒したりバカにしたりする。韓国人もアメリカ人も、国や故郷を誇る思いは一緒です。そういう尊厳を踏みにじる行為が理解できない。だから目を覚まさせたい。「差別して何が愛国者だ」と。愛国心の暴走を止めたいんです。


 ヘイトスピーチに「愛国者じゃない、日本の恥」 カウンター右翼青年が叫ぶ理由

続きを読む

ヘイトスピーチと日の丸と大江健三郎


 大江健三郎の日の丸・君が代の否定は相当のものだと思う。

 皇室で文化勲章を受け取るという行為に私は戦後民主主義を守りたい!といって大江健三郎は辞退したが、大江の中に日の丸・君が代といえば強烈な拒絶心があるのではないか?

 それで自分なりに思い当たることで考えてみるとヘイトスピーチに反対する会で反原発の抗議集会で右翼の統一戦線義勇軍の針谷大輔代表が日の丸を掲げただけで右翼は許せない!となって発言をさせなかった後味の悪い事件を思い出した。

 ヘイトスピーチに反対する会の行動を支持しません

 “6.11新宿・原発やめろデモ”と“ヘイトスピーチに反対する会”の衝突

 日教組とか日本共産党といえば日の丸・君が代というだけで悪とか右翼は暴力団であってテロリストといわんばかりの態度で拒絶する人が多い。

 大江健三郎も考え方ではヘイトスピーチに反対する会が反原発の統一戦線義勇軍の針谷大輔を排除したように日の丸・君が代というだけで悪だ、というか排除したい気持ちの持ち主なのだろう。

 日本共産党とか日教組もナショナリズムを主張する人間に批判を加えるのは当然という考えの人が多いが、大江健三郎も意固地になって日の丸・君が代は悪だといわないと気がすまないらしい。
続きを読む

ネトウヨ的な大江健三郎批判では駄文というしかない


 大江健三郎の批判は昔からあってノーベル賞の受賞と文化勲章の拒否があったので大江健三郎が嫌いになったという発言は増えたことを私は否定しない。

 とはいうものの最近のネット右翼の在特会のような軽はずみな大江健三郎批判では底が浅いというしかない。

 ともかく、大江健三郎を批判するとしてもそれなりに江藤淳の大江健三郎批判のようなものでないとけないとは思うが、最近の大江批判は単に大江健三郎が韓国の竹島の領土問題で軽く触れただけで国賊は北朝鮮に帰れ!という発言が多すぎる。

 もちろん大江健三郎の批判で作品や政治的発言に異論をいう権利は私はあると思うが、単にアクセスを稼いで俺は憂国のネトウヨとか2chまとめ運営で注目されたい、という人が多すぎるのではないか?
続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ