大江健三郎研究ノート

ノーベル賞作家の大江健三郎を考えるブログ。自分なりに作家・大江健三郎を考えたことの考察というか研究ノート。

大江健三郎と学歴

井上ひさしと大江健三郎と学歴


 井上ひさしとえば大江健三郎の盟友でもあった。

 大江健三郎も被爆者問題で井上ひさしを尊敬していたし、井上ひさしも大江健三郎の作品を尊重していて『同時代ゲーム』が悪文で理解できない小説を書いたということで酷評されても励ましてもいたのだろうか?ととも思えてもくる。

 大江健三郎が『同時代ゲーム』で難解な四国の小国家が中央政府に圧殺される話を書けば、井上ひさしが『吉里吉里人』で分かりやすく同じような日本の独立国家の自治国家を書いて崩壊するような話を分かりやすく長編小説で書く。

 大江健三郎と井上ひさしは文学上の仕事では相思相愛だった。続きを読む

大江健三郎は東大卒の作家でエリートで見下すという批判


 大江健三郎といえばノーベル賞作家で高学歴作家という印象もついて回るのだが、同時に東大卒で芥川賞作家でエリートやインテリが大衆や低学歴な人々を見下した作家、という印象もある。

 私もこの辺の発言は否定しないし、東大と大江健三郎のインテリぶった発言が嫌いというのも気持ちとして分かるのだが。


 丸山健二の場合は、作庭とかバラ造りの様子を読むと、自力自努力でゼロから生の現実を反映させながら、意図的な量質転化を図ろうとしていると、私は見ている。知らないところから始めている。
 
 大江はそうではなかった。知らないところからではなく、出来上がったものの考え方である戦後民主主義を信じたし、ポーだのエリオットだのサルトルだのというこれも出来上がった文学、他人様の認識を吸収したのである。

 大江は東大生時代からもう職業作家になって、文壇で寵児になった。文壇だけでなく、社会党あたりのサヨク勢力からも引っ張りダコになった。原爆反対、ベトナム戦争反対、冷戦反対、沖縄基地反対、原発反対といった運動につねに「文化人」代表として名を連ねてきた。

  彼は一度も農業とかサラリーマンとか、外界と格闘する職に就いたことがない。

 ほとんど運動もしないで、机にかじりついたままと言っても言い過ぎではない。

 作家は得てしてそうだが、三島由紀夫も同じようなもので、まっとうな外界を反映し損ねているのに、それを周囲が文学だからいいじゃないか、と認めてしまっ たのが悲劇であった。


 丸山健二と大江健三郎の文学の対比を試みる(2/2)

続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ